職種紹介
医師(常勤)

医師(常勤)

病院では知り得ない「患者さんのその後」を支えていく医療を

地域の多職種と連携して患者さんのナラティブ-人生の物語-に寄り添い、また病院とは違う限られた環境の中で自己研磨していける毎日は、やりがいに満ちあふれています。

また、地域住民が安心した場所で選択肢の多い医療を適切に受けれられるよう体制を整えています。

特徴:仕事とプライベートを両立できる勤務体系

週休二日、年間休日数は110日超。オンコールは当番制で、無理のない勤務体系は、あい友会で働く上で得られる大きなメリットです。
また、訪問先から移動の車中では、程よい気分転換の時間も得られます。
訪問には、看護師の他、車両運転や事務処理を担当する訪問診療アシスタントが同行します。

カジュアル面接

医師(常勤)の1日の流れ

8:30〜8:40
医師部ミーティング
昨夜間帯のコールの報告や昨日の新患の報告、重要事項の共有などを行います。
8:40〜9:00
全職種合同ミーティング
昨夜間帯のコールの報告や昨日の新患の報告が終わった後は、各クリニックを中継で繋げ、当番制で2分間スピーチを行います。2分間スピーチは、コミュニケーションを円滑にするための取り組みで、自身の好きな話題を取り上げ発表します。
9:00〜12:00
訪問診療/訪問件数は施設・居宅含め3~4箇所程度を回ります。
その日の定期訪問予定のほか、臨時往診の対応もします。
コントロールセンターが位置情報アプリで現在地を把握、往診先に一番近い訪問チームに指令が入ります。
12:00〜13:00
休憩
13:00〜13:30
T-time
Thinking timeと称した当番制の勉強会で、その発表内容は曜日ごとにカテゴライズされており、医師・職員のスキルアップに一役買っています。
13:30〜17:00 頃
訪問診療/訪問件数は施設・居宅含め4箇所程度
その日の定期訪問予定のほか、臨時往診の対応もします。
コントロールセンターが位置情報アプリで現在地を把握、往診先に一番近い訪問チームに指令が入ります。
〜退勤
帰院後の時間は、翌日の訪問患者カルテの確認、準備など行います。

拠点となるクリニックを中心に
各職種は連携しながら日々の診療を行います

医師(常勤)として働くスタッフの声

気さくに教えてくださったり、相談に乗ってくださったりする方々が多いです

気さくに教えてくださったり、相談に乗ってくださったりする方々が多いです

若手ポジションの自分に対し、理事長が定期的にコーチングを受ける機会を作って下さっています。そして経験豊富な先生方からも都度アドバイスをいただける、とてもいい雰囲気の中、活躍の場を与えてもらっています。
あい太田クリニック / 廣井 稔厚(2019年11月入職)
あい友会の一番の魅力はやっぱり人間関係だと思います

あい友会の一番の魅力はやっぱり人間関係だと思います

患者さんやご家族からの感謝のお言葉に、医療従事者である私たちが逆に幸せをいただいています。スタッフも皆フレンドリーで、多彩なキャリアを持つ人ばかり。各部署の連携も素晴らしいです。子育て中の人でも無理なく働ける就業体制も魅力の一つです。
あい太田クリニック / 前野 有理(2017年5月入職)
若い医師はもちろん、どんなキャリアからでも医師が成長できる地盤が整っています

若い医師はもちろん、どんなキャリアからでも医師が成長できる地盤が整っています

訪問診療(あい友会)は、医師、看護師の他、患者さんの生活に関わる方々とのチームプレーが主ですが、皆とても生き生きと働いています。
また、医師1人あたり患者数を「ユニット」として決めていて、医師やスタッフの負担をどう減らせるか考えられています。
あい太田クリニック / 石川 成美(2020年10月入職)

医師(常勤)よくあるご質問

  • 平均残業時間ってどのくらいですか?

    常勤医師の場合、平均して月10時間程度の残業が発生しています。
    夕刻に緊急往診が入った場合等に残業が発生します。

  • お休みは取りやすいですか?

    積極的な有休取得を推奨しており、最低年5日の有休取得義務付けをしています。
    常勤医師の有休取得率は人によってばらつきがありますが、50~80%程度の取得率になっています。

  • 検査体制はどの様になっていますか?

    血液検査等は基本的に外部委託です。
    検査機器としてはレントゲン、エコー、心電図、血液ガス検査はポータブル機器を準備しています。

  • 画像検査はどんな物がありますか?

    ポータブルエコー、ポータブルレントゲン等があります。
    訪問先で画像確認していただき、電子カルテに保存ということができます。

  • 専門外のことをコンサルトを受ける場合はどうしていますか?

    緊急性がない場合であれば、クリニックに帰って院長からコンサルトを受けます。
    形成外科、腎臓内科の非常勤医師とはチャットでつながっており、タイムリーに相談する体制ができています。
    また昼の時間帯等を使って症例報告会等をしており、コメディカルも含めたスキルアップへの勉強会をしております。

この職種に応募する

医師(常勤)として
応募可能なクリニック及び拠点

/Recruiting nowあい友会は、一緒に在宅診療を広められる仲間を募集しています。

エントリーはこちら
エントリーはこちら/Entry