職種紹介
医師(非常勤)

医師(非常勤)

今や地域臨床研修の必修の一つとなっている在宅医療。現臨床医にも研修医にも、学びの機会がここにあります。

病院を退院後の患者さんが、どのような環境で暮らしているのかを知ることができ、病院での勤務にもその経験が必ず生きてくることと思います。

特徴:兼務しやすい環境

メインで勤務の医療機関と無理なく兼務していただくため、綿密に面談を行います。

医師(非常勤)の1日の流れ

8:30〜8:40
医師部ミーティング
昨夜間帯のコールの報告や昨日の新患の報告、重要事項の共有などを行います。
8:40〜9:00
全職種合同ミーティング
昨夜間帯のコールの報告や昨日の新患の報告が終わった後は、各クリニックを中継で繋げ、当番制で2分間スピーチを行います。2分間スピーチは、コミュニケーションを円滑にするための取り組みで、自身の好きな話題を取り上げ発表します。
9:00〜12:00
訪問診療/訪問件数は施設・居宅含め3~4箇所程度を回ります。
その日の定期訪問予定のほか、臨時往診の対応もします。
コントロールセンターが位置情報アプリで現在地を把握、往診先に一番近い訪問チームに指令が入ります。
12:00〜13:00
休憩
13:00〜13:30
T-time
Thinking timeと称した当番制の勉強会で、その発表内容は曜日ごとにカテゴライズされており、医師・職員のスキルアップに一役買っています。
13:30〜17:00 頃
訪問診療/訪問件数は施設・居宅含め4箇所程度
その日の定期訪問予定のほか、臨時往診の対応もします。
コントロールセンターが位置情報アプリで現在地を把握、往診先に一番近い訪問チームに指令が入ります。
〜退勤
帰院後の時間は、翌日の訪問患者カルテの確認、準備など行います。
この職種に応募する

医師(非常勤)として
応募可能なクリニック及び拠点

/Recruiting nowあい友会は、一緒に在宅診療を広められる仲間を募集しています。

エントリーはこちら
エントリーはこちら/Entry