職種紹介
事務スタッフ(常勤)

事務スタッフ(常勤)

外来主体の医療機関とはまた一線を画す在宅医療の事務職は、各セクションごとに果たすべき役割があります。

あい友会の中で最も人数が多い部門です。その役割は、レセプト業務、連携センター、医師のスケジュールやシフト調整を行う医師事務秘書、医師・職員の労働をあらゆる面から支える総務職はもちろん、DXをフル活用している当法人には欠かせないシステムエンジニアも在籍、またwebサイト運営やメルマガ配信、リーフレット作成や取材対応などを担う広報担当と、その活躍の場は様々です。

業務1:医師事務作業補助

診断書や診療情報提供書作成等の医師の事務作業補助を行うほか、訪問看護指示書、居宅療養管理指導書など、医療・介護で必要となる書類の作成を担っています。

業務2:レセプト業務

レセプト(診療報酬明細書)を作成、点検、提出し、医療機関の収益の大部分を構成する健康保険、国民健康保険などからの診療報酬を請求する業務です。

業務3:連携センター

新患の受付、訪問予定組み、臨時往診調整、電話対応などが主な業務です。

業務4:総務

組織全体に関する幅広い業務を担当しています。備品や建物の管理・社内行事の企画運営、経理や人事、法務など、医師・職員の労働をあらゆる面から支えています。

業務5:システムエンジニア

ICTに関する管理業務を行っています。社内システムやインフラの管理、保守運用など、各部署の日々の業務が安定して稼働するように整える仕事をしています。また、診療には欠かせないモバイルデバイスやパソコン、ポータブル医療機器のトラブル対応窓口もしています。

業務6:訪問診療アシスタント

医師・看護師とONE TEAMになり訪問診療を支える立場です。訪問車両の運転・管理、診療時の事務作業、処方箋印刷、医師・看護師の補助作業、物品の補充・管理、検査結果資料の仕分け、診療同意書の管理など、その業務は多岐に渡ります。

この職種に応募する

訪問診療アシスタント(常勤)として
応募可能なクリニック及び拠点

/Recruiting nowあい友会は、一緒に在宅診療を広められる仲間を募集しています。

エントリーはこちら
エントリーはこちら/Entry