職種紹介
理学療法士(常勤)

理学療法士(常勤)

「これからも自分らしい生活」を送るため、オーダーメイドの訪問リハビリを提供しています。

一般的な筋力トレーニングのような機能訓練のみを行うのではなく、医師の指示のもと、個人個人の体調や体力、生活スタイルに合わせた“安心で無理のないリハビリプログラム”を考え提供します。

浮腫の改善や疼痛緩和のみならず、褥瘡予防のポジショニング指導や心理支持など、サポートの形は多岐に渡ります。

車椅子乗車時や臥位時のポジショニング、日常生活動作の介助など、ご家族への指導も行っています。また、訪問すること自体が、利用者さんの楽しみになっていただけるよう、日常会話やアクティビティにも力を入れています。

理学療法士(常勤)の1日の流れ

現在、理学療法士はあい太田クリニックを拠点に3名が活躍しています。

【午前】
各自2件ほど、担当している患者さん宅へ伺います。リハビリの時間はいずれも1人40分ほど。

〜 昼休憩と勉強会(T-time) 〜

【午後】
各自2~3件、担当している患者さん宅へ伺います。

【帰院後】
カルテ記入や報告書、計画書を作成し、患者さんの担当ケアマネジャーや福祉業者への照会を行ないます。
また、理学療法士全員が揃った時間は、担当患者さんの情報共有のためのミーティングを行ないます。
この職種に応募する

理学療法士(常勤)として
応募可能なクリニック及び拠点

/Recruiting nowあい友会は、一緒に在宅診療を広められる仲間を募集しています。

エントリーはこちら
エントリーはこちら/Entry